2017年7月20日木曜日

土用

梅の収穫が終わって、梅仕事一息ついたら、もう一度腰を上げて
土用の梅干し干し?が待っているのでした。

今年の土用は7月19日〜8月6日までとか。
この期間は、音楽で言う所の音と音が交差するところ。
季節は秋へ向かおうとしているところ。
一見、夏真っ盛りだけれど、秋へのシフトが始まりだしている。
このシフトを上手に乗りこなす為に、体調もしっかり整えていたい所。
夏バテには、梅酢がとても有効だったりする。
旅先には、梅酢をスプレーボトルに入れて、水で薄めたものを
持参する。
乗り物酔いや、なんとなく気分が優れない時には、即効性もあって
ピンチを切り抜けられる。
また、喉がいがいがな時には喉にスプレーもいい。
口腔ケアにも梅酢はいいマウスウォッシュ代わりになる。
今年は、色々な塩で梅を仕込んだので
たくさんのいい梅酢が出来そう。
ちょっとフタを開けたら、なんていい香り!
今年は、ボトリングしてご希望の方へ届けられる様にしたいと思っています。


梅酢もしっかりあがって来ているし、さあ!と行きたい所だけれど
巡業がやってきた。
京都〜大阪〜岐阜〜横浜と土用の時期になんとも試されるのであります。

今年は、梅干し以外にも、はじめての梅仕込みをしてみている。
来年の立春くらいには完成するかな?

梅茶翁の文字にある様に、茶の世界にも梅が奥ゆかしくもいい空気感を演出してくるです。

ひとつぶひとつぶ触れていると、ひとりひとりと同じ様に、まるで違うのがよくわかる。
時に大胆に、そして繊細に梅仕事はたくさんの気づきをもたらして行ってくれる
最高の創造の鏡なのかもしれない。

2017年7月12日水曜日

2017年の収穫を終えて

今年から、本格的な梅林管理となった。
管理なんて言葉の様な行業しさは特になくも、京都や東京の街中暮らししか
したことのない中、数十本の梅の樹を見守るとは、なんともギャップがあるのです。

栽培当時より、まったくの手つかずの自然栽培ですくすくそのまま育った梅達。
格好や、肩書き?なんて関係ないって感じで、ありのままで生きている様に映った。

冬には、ひさしぶりの豪雪となった梅林で、一本一本に唄をうたったり、
語りかけ続けた。

どんな風に成長していくのか、木の一年をじっくり見た事なんてあっただろうか。
冬の茶色い木枯らし吹く中、これが本当に葉っぱが生えて、梅の花が咲くの?
と思える程。

「美しいイノチの姿をきかせてね」

そう言って、梅林の坂道から手を振った。

雪解けの頃、茶色い枝から蕾が姿を現していた。
この木の中では確かに、イノチがうごめいている!
感動で胸が一杯になった。

寒い冬の中、蕾がどんどん膨らんでポッと可愛い花が開いた。
音楽の様にその広がりが梅林全体に広がって行く。
鳥もうたいだし、いつの間にか、葉っぱが生えて来て、枝いっぱいにふさふさと。
今度は、梅の実の赤ちゃん。
はじめて見たこの感動は脳裏に焼き付いている。
ふくふくとすこしづつ育ってくる様子に、ドキドキしながら
春がやって来て、梅の実があれよあれよと言う間に鈴なりになってきた。
昨年の梅干しをお守り代わりに差し上げた方々から、「あの梅が忘れられない」と
梅がその人を通して旅行く先を選んでいるようだ。
日本全国へ梅が旅して行った。
今年は、どんなタイミングでどれだけの実がなるか予想できず、
もう少し時期をずらしてもよかったかな?と思ったりする時もありました。
ただ、イノチの一粒にはオリジナルの存在感が宿っていて、どれもがそのタイミングだったのだと、今はそう思えている。
梅茶翁での梅も樽にいくつかさまざまな塩やバランスで漬け込んだ。
最後は、土用のお日様干しが待っている〜!



2017年6月1日木曜日

梅仕事一年生

奥能登の雪深い山間部で、優しく見守られた梅林。

少し時期がゆっくりの梅です。

自然と対面していく奥深さを実感しています。

人間の思う様に、時期は決められず、その年の旬(絶妙)なタイミングで
実り、ありのままの姿で善し悪しなく、その姿をみせてくれます。

今年は、昨年からの申梅のご縁で、本格的に梅林を見守る事になって
いろいろ始めての事ばかりで、気がついたところから一生懸命。

今月は、都内から梅林のお手伝いも兼て、奥能登へ旅にやって来てくれる人達がいる。
その心が、こっちの心にしっかり届いてきて、不安がいつしか安らぐ心へ。
ありがたいのです。
なんにもおもてなしは出来ないかもだけれど、こちらもそのまんまありのまんまの
今をみていただく所存なのです。


梅仕事一年生はじまります。

2017年5月8日月曜日

梅酢

八重桜の梅酢塩漬けを作りました。
梅酢を仕上げの塩漬けに昨年の梅干し作りで
出来た梅酢を使用して、仕上げました。
梅酢の役割はこれまた多様であります。

桜の香りを楽しみ、梅酢の薬効もいただける
桜茶。

昔の人の季節を楽しみ
身体を敬う心に学びがいっぱいです。
そして、何より、美意識の高さも
奥深いです。



2017年5月2日火曜日

新陳代謝

夏も近づく八十八夜〜♪と唄われる様に
まさに、春の終わりと夏の始まりのバトンを交わしはじめた頃。

また、立春から数えて丁度88日目の雑節を
指します。

新緑が鮮やかに光り輝き
冬に枯れ落ちた葉が大地へ栄養となり働きかけ、
樹木に新しい姿を注ぎ生まれ変わる。

植物は自然に素直に沿っていて
冬はじっと養生し、春への養分を蓄えている。
出番時をよく熟知している。
素晴らしいに尽きるのです。

山側の梅林も、海側の新しい梅林も
新緑が目立ちはじめています。

巡り巡って命を全うして行く姿から
何故か、やっぱり元氣をいただくのです。









2017年4月29日土曜日

梅づくし

東京出張を終えて帰って来たら、
乗っていた飛行機の機種が珍しい?はたまた新しい機体だったらしく
めでたく、着陸時には放水の歓迎を受けた。


飛行中、手土産にしてきた茶托を
出しては、嬉しさを隠せないのでした。


飛ぶ梅茶托。
そろそろ、梅仕事が本番。
7月中旬くらいまでは、さて梅仕事へ勤しもう!
っと、初めての本気の収穫になりそうだ。
今年は、嬉しいご縁の数珠つなぎ?で東京からは
昨年の梅からのラブレターもあって、「梅林ガール」一同が
奥能登までやって来てくれる予定。
丁度、夏至の頃と重なるので、その頃に昨年から足を踏み入れた
煎茶の道より、煎茶の会をもうけたいと思っている。

今回、なんと茶托には梅型の茶托がポンと手のひらに乗って来た。
なんとも、その姿に愛しさを感じずには居られない。
はじめての茶道具がこの梅となるとは。
梅づくしもいいところ。

梅林ガールズは、はじめての発足となる為、
年々、皆で育んで行けたらと思っている。

梅仕事の後の一服は、きっと至福に違いない。





2017年4月17日月曜日

昔ながらのエナジーフード?!

梅はエナジーフードでもあるし、困った時のお助けフードでもあるのだけれど
昨年、奥能登の唯一の昔ながらの米飴屋さん「松波米飴の横井商店さん」。
「麻米飴」制作を、幾度も試作しながらも完成してからは、
妊婦さんや舞台人、子供さんなどなど
様々なシーンで「身体が疲れている時に助けられました」「やさしい味でくせになる」など嬉しい声も届く中、そんなお声に応えるべく、横井商店の千代吉さんは
頭にタオルを巻いて、代々使われて来た木槌でトントンと米飴を丁寧に作られています。
一度に出来る数が大量ではないのですが、いくつかまとめてお店に置いていただける事になっています。

東京は押上にある、寺子屋的蕎麦処。
天真庵さん。

こちらの蕎麦や雰囲気はとっても落ち着く貴重なおすすめスポット。
店内のどこかに「麻米飴」が置いてあるとおもいます。
ぜひ、お手にとって一粒、二粒、、、。

また、米飴屋さんの横井商店さんが、
来月のNHKの「美の壺」と言う番組に取り上げられるそうです。
どんな風に映し出されるのでしょうか。

お楽しみに!